私、「電話嫌い・苦手」じゃなくて「電話恐怖症」だったのかも。

日常

私、めちゃくちゃ電話が嫌いなんです。

「電話恐怖症」という疾患を聞いたことはありますか?

私は少し前に知ったのですが、調べれば調べるほどに症状がピッタリで。

以前は事務の仕事をしていたのですが、電話が苦痛で鳴るのが嫌で仕方なかったのはただ単に「電話が嫌い」だからではなく、「電話恐怖症」だったからだとわかりました。

 

「仕事なのに電話が嫌いとか言ってられないでしょ?」「電話に出るのが面倒だから甘えてるんでしょ?」そういう方も居ると思います。

 

でも、言わせてください。違うんです。

嫌いとか面倒とかのレベル超えてるんです。もはや恐怖。

電話の鳴る音が。ランプが光るのが。

電話が手の届くところにあるのが嫌だった。席を離れている時はどこか安心していた。

事務失格ですね(笑)

 

電話恐怖症とは

「電話で誰かと話す」ことに対し非常に強い恐怖を感じてしまい、日常や仕事に影響をきたすことを言います。

電話機本体が怖いのではなく、「電話先の相手」や「電話しているときに自分の周りに居る、この電話内容が聞ける範囲に居る人」が嫌なのです。

「電話相手や周りから変な電話対応だと思われないだろうか」「何の電話だろう」「悪い知らせだったりしないかな」などなど考えていくうちにいつの間にか怖くなってしまったり、過去に電話対応について上司に怒られたり笑われたり、または家族の悪い知らせなどがあったときのトラウマなども要因のひとつといわれています。

また、家族や友人などと電話するときには普通にかけられる方が多いのもこの疾患の特徴といえるでしょう。

スマホ・携帯電話が普及し一人一台持っている人が増えた現代ではメールで済むことも増えましたが、やはり「大事な用事や急ぎの用事は電話」という意識は強いと思うので克服したいものです。

 

電話恐怖症の症状とは

・電話そのものが嫌い

・職場の電話(固定電話)が嫌

・かかってきた電話に出るのが嫌

・電話をかけるのが嫌

・かかってきた電話をとるのにも心の準備が必要

・電話がかかってきたら他の人が出てくれないかなぁと思ってしまう

・電話の音が鳴るのが怖い

・相当心の準備をしないと電話をかけることが出来ない

・電話で話す時に周りの人に聞かれるのが嫌

・周りに人が居ない時を狙って電話する

・例え電話1本で簡単に済む用事でもネットやメールでのやりとりが出来ることならば面倒があってもそちらを選ぶ

 

等々・・・

私自身もあてはまります。

 

 

なぜそういった症状が出るの?

・電話の相手を知らないから

・電話の相手の表情や態度がわからないから

・話すのが苦手なので、頭の中で整理してから話したい為、文章ならいいけど電話だと追いつかないから

・そもそも固定電話の使い方がイマイチわからない(保留、保留解除や転送、内線、外線の切り替え、短縮や電話帳の使い方等)

・電話だと相手の声が聞き取りにくい

・聞き取りにくいからといっても何度も何度も聞き返すのは気が引ける

・電話で聞き取りながらメモをとるのが追いつかない

・電話は会話と違い、突然話が始まる(しかも用事があって電話してくるくらいなので大事なことの場合が多い)から焦ってしまう

・電話に出るまで相手が誰なのかわからない場合は尚更怖くなる

 

等といわれています。

 

更に電話の最中、内容を聞いていた周りの社員が「今○○さんと電話してる?それ終わったら替わって」とか「その電話○○さんだよね?ついでに~~~」と電話で話してる最中に横から何か言われたらもう最悪。
「聖徳太子じゃねぇよ!」って突っ込みたくなります・・・(突っ込めないけどね)

横で何か言われた間の電話先の人が言ってることは聞き取れないので、もう一度聞くことになってしまう。
なんだかもう色々と最悪。

 

電話って、難しい。

 

 

治すことは出来るの?

治すというより症状を軽く、出来るだけ苦手意識を弱くするための方法としては

・徐々に慣れていく

・「自分が思っている程周りの人は自分の電話を聞いていない」「電話は怖くない」等と意識を変えていく

・電話の操作方法や言葉使いに自信を持てるようにマスターしておく

等があります。

 

 

最後に

相手の今この電話している時間と、自分の今電話している時間が等価ではない場合もある。

電話した際にまず「今、話しても大丈夫か」を聞くのは大前提にしても、気にしてしまう時もある。

相手の立場を考え、緊張してしまう場合もある。

やはり一概に「慣れる」といってもそう簡単にはいかないと思う。

でも支障が出ないくらいには治したいなぁ・・・

 

 

 

お読みいただきありがとうございました☆